CLOSE
CLOSE
代表あいさつ
代表あいさつ
ホーム > 会社情報 > 代表あいさつ
代表取締役 山田俊彦
代表取締役
山田 俊彦
1944年生まれ。神奈川県横浜市出身

父が経営していた家電電化製品の販売会社で働いていたが「これからはデジタルの時代がくる」と考え1970年25歳の時、電子卓上計算機の販売会社「株式会社サコム」を起業。
その後、1976年に電卓と時計の商社「保土ヶ谷電子販売株式会社」、1989年に時計メーカー「株式会社クレファー」など、6社の企業から成るグループ会社の代表を務める。

2018年に設立30周年を迎えました。

弊社は1898年3月6日、保土ヶ谷電子販売グループの時計メーカー部門として独立し、30年の間時計を中心に様々な商品を企画し、販売してきました。
当時4名だった従業員も今では70名にまで増え、全国のHCやGMS、時計専門店にお取り扱いいただき年間およそ300万個もの商品を販売するまで成長いたしました。
企業として30年たった今でも、新しいことに挑戦するという気持ちを持ち、グループ全体が迅速に躍動できる組織として前へ進み続けます。

ここまでの道のりで私が信条とする3つの言葉があります。

「誠実」「堅実」「積極的」
誠実であること。迷ったとき、課題に行き当たったとき、どの選択が「誠実」であるかと自分に問いかけます。また、多くのお客様と社員を抱える会社の経営者として、「堅実」であることは忘れてはなりません。地道に一歩一歩前に進むことで、大きな目標を達成できると思うからです。

これに反するようですが、「積極的」な姿勢も忘れてはなりません。常に我々が得意とする分野に拡大し、ここぞという時には、積極的に取り組むことで、事業を成長させることができるからです。

これからも社員の成長が会社の成長に繋がり、社員の幸せはお客様の幸せに繋がるよう、日々努めてまいる所存でございます。